問題7、塗装のコストを適正にダウンしたい方

解決イメージ

常に塗装の不具合で、返品や検品等が発生している方。
業者をいろいろ変えたんだけど問題解決できない方。
それは、コストと考えていますか?

塗装をご依頼される時には、その塗装がコストに見合っているかどうかは気になるところかと思います。

私達は、お客さまにあった最適な塗装方法、一連の流れをご提案し、適正にコストダウンを図っていただけるよう、ベストを尽くしています。

【問題解決のご提案】塗装のコストを適正にダウンしたい方

我々が考えるコストは、会社でかかった経費全てを引いたコストです。検品する人件費・返品された運送費・お客様との品質の打ち合わせ等、様々なところで費用がかかっています。
実際には、塗装業者にコストダウンを図っても、トータルコストでは高くついています。

或いは、ロボット化にすることや塗料の変更で、無理なくコストを落とすことが出来る場合もあります。
化粧品容器メーカーの場合

素材がABSで3,000ヶ/ロット
現在の塗装メーカーでは品質も安定していないしコストも思ったほど安くない。

[ 改善 ]
形状・ロット・外観で、現在の手吹塗装をスピンドル機械ラインにしたほうが生産性が上がり、しかも品質も安定します。コスト面で25%のダウンを計れました。
電子機器メーカーの場合

素材がABSに水圧転写の木目を考えていました。
フィルムも大量仕入れしないといけないし、工賃もかなり高くて困っています。

[ 改善 ]
水圧転写では、我々のラインでもそれほどコストダウンは見込めません。そこで多少木目は違いますが、墨流しの木目に替えました。

外観の木目は若干イメージは違いますが、コストが50%ダウンになります。お客様もコスト優先で外観も納得です。
コンピューター部品メーカーの場合

素材がアルミで外観が厳しく、不良率が多いため現状数量が増えてもコストダウンできない状態です。
 [現状工程]
 プライマー ? シルバーメタリック ? クリヤー

[ 改善 ]
現状の工程ではコストダウンをあまり見込めないので、規格を再検討し、工程変更しました。
中塗りのシルバーメタリックをクリヤー感を多くし、外観上あまり変わらなくし、クリヤー工程を無くしました。
不良率が3%未満になり、工程も減ったので、35%のコストダウンになりました。
住宅キッチンメーカーの場合

某住宅キッチンメーカーの収納カゴ
素材は鉄でクロームメッキをしています。その上に防食性が目的のクリヤー塗装をしています。

[ 改善 ]
クロームメッキは密着しにくくプライマーを入れていましたが、今回クリヤーにエポキシを多く含ませたタイプに変更したところ密着も良好でした。
よって10%?20%のコストダウンになりました。
お問い合わせフォーム ショールームのご案内